AEG(アーエーゲー)製 AWW12746

AEG製洗濯乾燥機 AWW12746

【機能紹介】

Vapour Refresh(スチームリフレッシュ)
洗濯中に30分間スチームが発生し、衣類からしわを取り除き、リフレッシュさせます。

Vapour Option(スチームオプション)
衣類にスチームを当てることで生地をより柔らかくする効果があります。また、コットンコースの洗濯と組み合わせることで、最大99%のアレルギー物質を除去することができます。

Tub Clean(洗濯槽(ドラム)洗浄プログラム)
洗濯槽(ドラム)を洗浄し、槽内をキレイに保つプログラムです。ドラム内を清潔に保つことでVapour Option機能がより有効に働きます。

Wool(ウールプログラム)
このプログラムは、The Wool Mark Company(ウールマーク・カンパニー)から、ウール製品の洗濯に適していることが承認されています。

IQ Touch
コントロールパネルに直観的に操作できるIQ Touchを採用。指先でタッチするだけで、簡単にオプション機能を選ぶことができます。

Flexi Dose
洗剤の投入レーンにフラップを採用。洗剤を粉末または液体によってフラップを使い分けることで、同じレーンに簡単に洗剤を入れることができます。

Eco Inverter Technorogy
ドラムの回転に使用するモーターやヒーター類の制御がきめ細かく設定されているため振動が抑えられ、高いエネルギー効率が得られます。

Add Clothes(洗濯物追加機能)
給水が開始された後でも衣類を追加で入れることができます。
※Startボタンを押し、洗濯サイクルが始まる前までは衣類の追加投入ができます。水温が50℃に達している、または水量が一定以上に達している場合はドアロックは解除されず洗濯物の追加はできません。

Time Manager
衣類の汚れ具合に応じて洗濯時間を増減することができます。ボタンを押して、4段階のレベルから選びます。

Delay Start
洗濯の開始時間を予約することができます。予約時間は、ディスプレイに表示されます。

AEG製洗濯乾燥機 AWW12746 図面

ビルトイン型洗濯乾燥機 AEG(アーエーゲー) AWW12746

販売価格:347,000円(工事費込・税込)
※お支払方法は銀行振込となります。

工事内容:搬入据付工事(段差なし)、既存品撤去処分(リサイクル料金含む)

※販売価格には、商品価格と工事費用(搬入据付工事費と既存品撤去処分費用〔リサイクル料金を含む〕)が含まれます。
※オプション工事として電気変換工事(100V→200V)が必要な場合には15,120円(税込)、給排水工事が必要な場合には9,720円(税込)、それぞれ別途必要となります。
※搬入据付先が階段担上の場合は追加料金として17,500円(税込)がかかります。(2階〜4階まで)
※現地調査は無料でご対応致します(ただし、遠方の場合は別途出張費が発生することがございます)。
※工事内容によっては工事費用が変わる場合もございます。
※商品および工事費用を先払いとしてお振り込みいただいたのち、工事日の確定となります。
※設置工事地域は、東京23区および神奈川県内となります。東京都内では23区外でも対応可能な地域がございますのでお問い合わせください。
※取付工事は当社が手配した専門業者が行います。
パソコン・スマートフォンからのお問い合わせはこちら電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせから設置工事までの流れ

@ まずは電話(TEL:044-434-3022)もしくはメール(E-mail: info@jonans.co.jp)にてお問い合わせください。

A 現地の状況を確認させていただくため現地調査をさせていただきます。(現地調査は無料。ただし、遠方の場合は別途費用が発生致します)

B 現地調査の結果を踏まえて、御見積書を作成のうえ、ご提出させていただきます。

C 御見積書をご確認いただき、御納得いただけましたら発注書にご署名・ご捺印のうえ、ご返送ください。また、恐れ入りますが、代金先払いとなりますため、事前に指定口座へのお振り込みをお願い致します。

D 発注書のお戻し、お振り込みを受けて正式なご発注とさせていただき、工事日をご相談のうえ、確定させていただきます。

E 洗濯機入替工事を行わせていただきます。工事時間は約2時間ほどとなります。

AEG アーエーゲー社とは

AEG アーエーゲー社はドイツの電機メーカーで、1883年に電機製品メーカーのドイツ・エジソンとして設立され、1887年にアルゲマイン・エレクトリチテツ・ゲゼルシャフト (略称 AEG) と改称。1900年代に入り関連企業を吸収して巨大企業に発展。1988年にはダイムラー・ベンツの傘下に入り、1996年吸収される。1997年ダイムラー・ベンツが全株式をジーメンスに売却。ジーメンス・エレクトロコムとして存続しています。